大阪にある総合印刷会社ケーエスアイは企画・編集・デザインから印刷・製本までトータルに対応します。

皆さま、暑中お見舞い申し上げます。

連日、暑い日が続いております。皆さま、如何お過ごしでしょうか?
夏バテなどで体調を崩されたりしていないでしょうか?

こう暑いと食欲も出ず、ついつい冷たいものばかりとなってしまいますが、
夏を乗り切るためには、しっかり食べて、体力を付ける事が一番ですね。
今年は土用の丑の日も2回あるという事で、ぜひ鰻など精の付くものを食べて夏バテ防止をしましょう。

で、今年なぜ土用の丑の日が2回あるのかな?とふと思い、ググってみますと、
そもそも立秋の前の18日間が夏の土用の期間(7/19~8/6)にあたり、
また、毎日、十二支の干支の日があり、12日周期で「丑の日」が存在している。
つまり、今年の夏の土用の期間(18日)の中に「丑の日」が2回めぐってきたからなんですね。
なるほどなるほど、そういうことだったんですね。

で、この土用の丑の日に鰻を関連付けたのは、平賀源内っていう話は結構有名ですよね。
(諸説あるようですが)江戸時代、夏に鰻が売れないで困っていた鰻屋さんが、源内に相談した所、
「丑の日に『う』の字がつく物を食べると夏負けしない」という言い伝えをヒントに
「本日 土用の丑の日」
という看板を店先に出すように勧められ、これがヒットし大繁盛したとの事です。
その評判が広がり、各地で真似され、土用の丑の日と鰻が定着するのですが、
このことから、平賀源内は日本初のコピーライターとも言われているようですね。

良いコピーは移り変わる時代にも色あせず、いつまでも愛用され続ける。
私たちも、一度でいいから、『本日 土用の丑の日』のように何世紀にも渡って使用され、多くの人に愛される素敵なコピーを作り出してみたいものです。
『知ってる?あのコピーはKSIって大阪の印刷会社が作ったみたいやで』なんてね・・・・。

私たち、印刷ドキュメントの作成を生業とする者にとって、文章やコピーは切っても切れない関係です。その業務の中で非常に大きなウエイトを占めております。ゆえに、文字の扱いについても慎重かつ丁寧に行うことをモットーに、社内校正・校閲を行い、より精度の高い印刷物を皆さまのお手元にお届けするよう、常に心掛けております。
KSIは今年で70年。現在ご愛顧いただいている多くの皆さまに、これからも引き続きご愛顧いただけるように、そしてさらにより多くの皆さんに愛されるように、さらなる努力を続け、頑張っていきたいと考えます。

では、まだしばらく暑い日が続きますが、皆さま方どうかくれぐれも体調には気をつけながら、仕事やレジャーに、ぜひ夏を満喫してお過ごし下さい。

 

さて、今回の写真ですが、沖縄旅行で社員のみんなと一緒に絵付けしたシーサー(作:南社長)でした。力作だと思いませんか?

KIMURA
Who is KIMURA?
株式会社ケーエスアイに平成2年入社、営業部配属後、関連会社の株式会社アクティへ出向。
その後、本社営業部長、製造部長を経て 現在、経営企画室長。齢49歳。
テーマパークが大好きで、毎年USJの年パスを購入し、休みの日、稀にUSJに出没する。