大阪にある総合印刷会社ケーエスアイは企画・編集・デザインから印刷・製本までトータルに対応します。

CEATEC JAPAN2016 をちょっと見する

ceatejapan2016

来る10月6日(木)に幕張で開催されたCEATEC JAPAN2016を見てきました。が、今回の出張は色々な用事があり、滞在時間は1時間弱と非常に駆け足の見学となりました。
この展示会は、毎年10月に幕張メッセで開催されるアジア最大級の規模を誇るIT技術の国際展示会です。
今回はテーマをサイバーフィジカルシステム(CPS)とモノのインターネット(IoT)に絞り込んだ展示会として開催されました。

まず最初に目に付いたのはドローンを始めとした様々なロボットの展示。ディープラーニングで自己学習するAIを搭載し、自ら学ぶこと覚えた機械たちが、私たちの暮らしをさらに便利にしてくれます。
洗濯物の選別を自分で判断して折りたたんでくれたり、上空から不審者の侵入を発見してくれたり、顔認証技術で気分の悪そうな人を察知して助けてくれたり、妊婦の衣服にセンサーがついて赤ちゃんの状態が常にモニタリングできたり。近い将来、様々な生活シーンでIoT技術が活躍しそうですね。
また、パナソニックさんのブースでは、メイクアップシートという貼るだけで簡単にメイクができる面白い技術が展示されていました。まず顔を写真に撮り、データ上で顔のシミやくすみは自動で削除され、本物の肌そっくりの色で医療用のシールにプリントして、顔に貼るというものです。実際見せてもらいましたが、頬のどこにシールを貼っているかわからないくらい自然でした。女性の方は非常に気になる技術ではないでしょうか。
自動車業界では、3Dプリンタで凝ったデザイン加工の自動車ボディを作ったり、水素エンジンの展示がされてました。トヨタさんの来年発売予定の手乗りコミュニケーションロボは残念ながら時間がなくて詳しく見れませんでしたが、ブースにはたくさんの来場者が溢れてました。
先述のように駆け足の見学となってしまいましたが、最先端の技術が満載で非常に興味深い、近い未来の暮らしを実感させる展示会でした。

障害物を自分で避けるドローンや、人と互角に卓球をするロボットを見ていると、AIが未来から人類の救世主の母を暗殺する為にマシーンを送り込む超有名SF映画を連想してしまい、どんどん賢くなっていくAIに一抹の不安を覚えるのは私だけでしょうか?

KIMURA
Who is KIMURA?
株式会社ケーエスアイに平成2年入社、営業部配属後、関連会社の株式会社アクティへ出向。
その後、本社営業部長、製造部長を経て 現在、経営企画室長。齢49歳。
テーマパークが大好きで、毎年USJの年パスを購入し、休みの日、稀にUSJに出没する。